>
いろいろな矯正治療

いろいろな矯正治療

1. ワイヤー矯正(表側矯正)

歯の表側にブラケットという矯正装置を取りつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かす、世界中で最も実績がある治療法です。矯正装置が表から見えますが、最近は審美性の高いクリアなブラケットがあり、目立たない矯正治療をおこなえます。

ワイヤー矯正(表側矯正)

メリット
  • ・ 最もスタンダードな矯正方法で、十分な実績がある
  • ・ いろいろな症状に対応できる
  • ・ 治療期間が比較的短い。
デメリット
  • ・ 表から矯正装置が見える
  • ・ 歯磨きしにくい(虫歯になりやすい)

2.リンガル矯正(裏側矯正/舌側矯正)

歯の裏側に矯正装置を取り付ける治療法です。表から矯正装置が見えないため、矯正していることがほとんど分かりません。しかし、矯正装置が歯の裏側にあるため、違和感が強い場合があります。また、治療費も割高になるようです。

リンガル矯正(裏側矯正/舌側矯正)

メリット
  • ・ 表から矯正装置が見えない
デメリット
  • ・ 矯正装置が歯の裏側にあるので違和感が強い場合がある
  • ・ 治療期間が長くなる傾向がある
  • ・ ワイヤー矯正よりも治療費が高い
  • ・ 歯磨きしにくい(虫歯になりやすい)

3. ハーフリンガル矯正(表側裏側併用矯正)

上あごは歯の裏側に、下あごは歯の表側に矯正装置を取り付ける治療法です。人から見えやすい上の歯には矯正装置が見えないので、比較的目立ちにくい治療法です。リンガル矯正よりもやや治療費用を抑えられ、下あごの裏に矯正装置が無い分違和感が少ないメリットがあります。

ハーフリンガル矯正(表側裏側併用矯正)

メリット
  • ・ 人から見えやすい上の歯は、裏側に矯正装置を付けるので比較的目立ちにくい
デメリット
  • ・ 治療期間が少し長くなる傾向がある
  • ・ ワイヤー矯正よりも治療費が高い
  • ・ 歯磨きしにくい(虫歯になりやすい)

4. インプラント矯正(表側矯正)

あごの骨にインプラント(ネジのような器具)を埋め込んで、そこに矯正装置を固定する治療法です。治療後はインプラントを取り外します。確実な歯の移動が可能で、治療期間の短縮やより良い治療結果が得られやすいです。しかし、やはり費用は割高となり、取り扱い医院も少ないのが現状です。インプラント矯正は、裏側矯正に使われる場合もあります。

インプラント矯正(表側矯正)

メリット
  • ・ 治療期間が短縮できる
  • ・ より良い治療結果が得られやすい
デメリット
  • ・ インプラントの埋め込みが必要
  • ・ ワイヤー矯正よりも治療費が高い
  • ・ 歯磨きしにくい(虫歯になりやすい)
  • ・ 取り扱い医院が少ない

5. マウスピース矯正

取り外し可能な透明で薄いマウスピース型の矯正装置を使う治療法です。約2週間毎にマウスピースを交換しながら歯をすこしずつ移動します。他の矯正に比べ最も目立たないと言えますが、歯を抜かなくて済むような比較的軽い症状しか治療できません。

マウスピース矯正

メリット
  • ・ ブラケットやワイヤーを使わないので目立たない
  • ・ 取り外して食事や歯磨きができる
デメリット
  • ・ 装着をさぼると治療期間が延びる
  • ・ 比較的軽い症状しか治療できない
  • ・ ワイヤー矯正よりも治療費が高い

矯正治療の比較表

ワイヤー矯正 リンガル矯正 ハーフリンガル矯正 インプラント矯正 マウスピース矯正
治療費 良い 悪い 普通 悪い 普通
治療期間が短い やや良い やや悪い 普通 良い 悪い
見た目 やや悪い やや良い 普通 やや悪い 良い
違和感
(話のしやすさ)
普通 悪い やや悪い 悪い やや良い
症状への
適応範囲
良い 普通 普通 良い 悪い
歯磨きの
しやすさ
普通 やや悪い やや悪い 普通 良い

※表の評価はあくまで目安です。製品や患者様の症状、歯科医院の治療計画によって異なります。

説明

next 矯正で歯が動くしくみ

矯正歯科って何?

  • 矯正歯科治療とは?
  • 矯正治療が必要な症状
  • いろいろな矯正治療
  • 矯正で歯が動く仕組み
  • 治療の流れと費用
  • 目立たない矯正装置
  • 矯正治療で使用される主な装置
  • 矯正治療の歴史

京子のおすすめクリニック

おすすめのクリニックを随時更新中!

新浦安ハーヴェスト歯科・矯正歯科

新浦安ハーヴェスト歯科・矯正歯科

千葉県浦安市入船1-6-1TKビル3F

TEL: 047-323-6766

>> ホームページを見る

このクリニックの詳細を見る

矯正治療への流れ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ